初対面の印象は「イケイケだな」 イメージ初対面の印象は「イケイケだな」 イメージ

仕組みを作ってコミュニケーションを確保

(大川祐介) いつも「しまっち」と呼ばせてもらっているから、今日の対談も「しまっち」で行きます。

(島村恭太) こちらも、その方が落ち着きます(笑)。

(大川祐介) しまっちは以前、ユニオンテックに業務の施工依頼をしていただいている元請け会社に在籍していたんだよね。そのときからずっと、呼び名はしまっちでした。

(島村恭太) そうですね。社長と初めて会ったとき、私は20代半ばでした。社長の最初の印象が「若くて、いけいけだな」(笑)。回りの同じ年齢の人と比べると社長は明らかに違ってました。一人で会社を切り盛りするというのはこういうことだと感じましたね。仕事に対する取り組み方がとにかく真剣だったし、社員を抱えているプレッシャーも大変なものがあるんだろうなと思った。いま以上にがむしゃら感があって、仕事に関しては絶対に「できない」と言わない。そこが気持ちよかった。

(大川祐介) 「できない」なんて言いたくないからね。

(島村恭太) 初めていっしょに仕事をした現場で、クロスにジョイントが出ていたオフィスのことを覚えていますか?このままで通せるか、通せないかのぎりぎりのレベルだったんですが、私がちょっとその現場を離れて戻ってきたら、社長がクロスを全部剥がしてやり直しをさせていた。あれは、社長のパフォーマンスの意味もあったのかもしれないけれど、「とにかく良いモノを作るんだ」という意志が伝わってきた。信用できる人だと思いました。

(大川祐介) そういう会社はほかにもあるんじゃないの?

(島村恭太) どうでしょう。元請けが「ダメ」と言えばやり直す程度じゃないかな。現場を仕切っているとどうしても職人さんに情が移るでしょう。こんなものだろうと、お互い、なあなあで済ませる現場が多いと思いますよ。でも、社長は「今日中に全部貼り替えます」と宣言し、本当にその日中に完成させた。

(大川祐介) 言った以上は絶対やらないと。

(島村恭太) こちらが仕事を出して、社長はそれを受ける立場でしたが、とにかく社長は仕事から目を背けない。必ず次につなげるんだという気迫があった。そこに感銘したんです。あ、これは信頼できると。

元請けの人間が見積りを手伝っていた イメージ

元請けの人間が見積りを手伝っていた

(島村恭太) 当時は、いっしょに一人のお客さんとやりとりしながら、社長が現場を見て、自分がクライアントや設計と打ち合わせをしていました。いま思えば本当に充実していましたよね。お互い物件に近いところで仕事をしていました。当時は胸を張れる仕事が多かったと思います。いや、いまも多いけど(笑)。ここから先は俺が何とかするから、そこから先は頼む。そんな背中を預け合うような男同士の世界観の中で仕事を進めていました。

(大川祐介) そうそう。現場で信頼関係を築き上げていた。

(島村恭太) 二人三脚でやってきましたよね。私は元請けの会社の人間だから、本来は見積もりがあがってくるのを待つ立場なのに、ユニオンテックのオフィスに行ってその手伝いをしていました。社長に「何か、やりましょうか」と尋ねたら、「下地材の数量を出してください」と言われたこともありましたよ。「まだ、そこ?」とびっくりしました(笑)。

(大川祐介) あれね。覚えてるよ。しまっちと二人で仕上げて、気がついたら朝5時ぐらいになっていたよね。

(島村恭太) そうです。急遽見積もりが決まったある物件では、ユニオンテックに利益が出るように私がラインを決めて、それを自分の会社用に作りかえるということもやってました。いまだから言えるけど(笑)。一生懸命、作業をしていたら、社長が横でスースー寝てた。結局、時間がなくて、表紙だけ変えて寝ずに持って行きました。

(大川祐介) ははは。

品質に対するこだわりを学んだ イメージ

品質に対するこだわりを学んだ

(大川祐介) 私にとってのしまっちは怖い目を持った人かな(笑)。しまっちがいたのは施工品質にうるさい会社だったからね。独立してから、いつも追求すべき目標を掲げてそれに向かって邁進してきた自分がしまっちに会ってからは、施工に対しての追求心が俄然強くなった。そうか、そういうことを要求するんだ、そこまでの品質を求めるお客さんがいるんだと感じ入った。しまっちにはアッパーの仕事の実績もたくさんあったから、品質に関する話をいろいろ聞くうちに、いろいろなやり方があることを知れたのは本当に良かった。そういう高水準を求めるお客さんがいるなら、自分もできないと格好悪いなと真剣に思ったからね。来た仕事をどれだけ綺麗に仕上げて納めるか、いかにお客さんに喜んでもらい、自分のレベルをあげていくか。しまっちとの出会いをきっかけに、品質に対する意識を社内に浸透させるため、ずいぶんうるさくなったと思います。そういう意味では、しまっちから私は品質に対するこだわりを勉強させてもらったんです。

(島村恭太) そう言ってもらうとうれしいですね。

誰よりもロジカル  イメージ誰よりもロジカル  イメージ

誰よりもロジカル

(大川祐介) 元請け会社を辞めた後、しまっちにはうちのグループ会社である内装工事の会社に来てもらったよね。そのときに30才くらいだった?

(島村恭太) そうですね。元請け会社を辞めたのが31才で、それからユニオンテックのグループ会社に来たんですが、小さな会社でいろいろと意見の食い違いもあり、どうしようかというときに社長から「ユニオンテックに来ないか」という話をいただきました。ちょうど、稲城にあるいまの本社ビルを建てている時期ですね。

(大川祐介) じゃあ2009年頃か。で、取締役になったのが2012年だよね。しまっちには、いつもロジカルな面でも自分を補ってもらっています。川島さんは適当だし(笑)、山本さんはどちらかというと受け身のタイプ。その点、しまっちは一番ロジカルだから、「ここ、どうかな」と話を向けると、論理的に考えてくれる。しまっちが入るまではその部分が弱かったんですよ。

(島村恭太)社長も結構ロジカルですけどね。

(大川祐介) 私は究極の負けず嫌いなので、論理的に負けたくない(笑)。トップを張っているから、皆に劣っていてはいけないし、総合力で勝ってないといけないとは思うけれど、しまっちは品質やこだわりについて、些細なことでもいつもロジカルに考えてくれるでしょう。私も広い視野で考えているつもりだけど、しまっちはピンポイントで考えて深堀りしてくれからありがたい。しまっちだけじゃなく、私は取締役全員からいろいろ吸収させてもらっているんですよ。

(島村恭太) 全員、キャラクターが違いますからね。

(大川祐介) そうそう。皆、自分にないものがたくさんある。川島さんからはコミュニケーションだったり、自分とは別のリーダーシップを学びました。それまで仕事バカだったからね。山本さんからは、心を広くもつことをを教わった。ほら、山本さんは怒らないから(笑)。自分もあんな風に心を大きく持たないといけないなといつも思ってます。

(島村恭太) それ、知らなかったな(笑)。