ストレスも含めて楽しめる会社を目指したい イメージストレスも含めて楽しめる会社を目指したい イメージ

ストレスも含めて楽しめる会社を目指したい

(島村恭太) 取締役になる前の執行役員の時代から、私が目指しているのは顧客満足以上に従業員満足を上げていくことですね。これはもうずいぶん前から発信していて、社員がユニオンテックを自慢できる会社にしていくこと。これが目標です。

(大川祐介) 外部からもうらやましがられるような会社になれば、離職率の低下やモチベーションのアップにつながるよね。

(島村恭太) ええ。だから、社員同士の横のつながりは今以上に良くしていきたいですね。そして、自分と同じ意志を持ってくれる人を育てていきたいと思っています。理想論としては、そういう社員を応援する環境をどんどん作っていきたい。仕事には厳しさはつきものですが、楽しむことも大事じゃないですか。ストレスも含めて楽しめる会社。そういう風にユニオンテックを認知させていきたい。あそこの会社は楽しそうだねと、目に見えて人が集まってきて、人が退職しようと思わない会社を目指します。手応えはあるんですが、ただ、社員が楽しめる企画はすべて社長が考えているのが少し悔しい(笑)。いつか、社長に「しまっちが言ったとおりにやってよかった」と言わせること。それが直近の目標ですね。

(大川祐介) しまっちが発信したことが、社内全体のさまざまなところで具体的な形になったらいいよね。先頭を切って発信することで、皆が連鎖的に動いてブラッシュアップしていく。それが理想的な形だと思います。実際に、私自身、しまっちの一言を受けて企画したモノがいくつもあるのよ。

(島村恭太) え、そんなことがありましたっけ?

(大川祐介) しまっちから「うちが物件を手がけたあの会社は給料をサイコロで決めている」と情報をくれたことがあったよね。それが頭に残っていて、生まれたのが「ありがとうアワード」の賞品をサイコロを振って決めるという企画。次にダーツを取り入れたのも、しまっちがダーツをやっていると聞いたから。だから、通いましたよ、生まれて初めてダーツバーに。その経験を経て、ダーツをデザインしました。

(島村恭太) 社長にヒントを与えていたとは…。知らなかった(笑)。

フルスロットルで走る社長を70%に抑えるのが役目 イメージ

フルスロットルで走る社長を70%に抑えるのが役目

(大川祐介) しまっちは貴重な存在ですよ。会社の中でロジカルに考え、自分に意見をしてくれるのはしまっちだけ。勢いがある川島さんと忠実で真摯な山本さん。二人の取締役と違って、しまっちは「こうじゃないですか」と自分の判断の中で実行してくれるよね。すごく良いバランスだと思う。ただ、しまっちはいつもすごくリスクを考えるよね。

(島村恭太) そうですね。深堀りというか、常にどこかにデメリットが潜んでないかを考えてしまう。それはもう習性ですね(笑)。でも、これでも変わったんですよ。以前は、リスクヘッジはスマートな考えだと思っていましたが、リスクヘッジばかりしていると前に進めないことがわかった。社長に出会って自分も変わったんです。前はもっとリスクヘッジをする人間でしたからね。足りなかった挑戦心が底上げされた。自分に欠けていたアグレッシブさが少しは得られたように思います。

(大川祐介) うん、それはわかる。

(島村恭太) 私は自分の役割をこう考えています。「社長は目一杯、突っ走ってください。自分が70%にぐらいに抑えますから」と。それぐらいがちょうどいい。フルスロットルで走ってしまうと、どうしても歪みが出ますから。かといって、私のようにリスクを避け過ぎると、100%か110%ぐらいにしか伸びない。だから走る社長に多少ブレーキをかける役どころが自分のミッションだと思っています。

階段を昇ると違う世界が見えてきた イメージ階段を昇ると違う世界が見えてきた イメージ

階段を昇ると違う世界が見えてきた

(大川祐介) 確かに、以前は思いっきり突っ走っていた。ただ、いまそこまでの勢いはないかな。

(島村恭太) それはそうですね。

(大川祐介) 昔は、現状を変えようとすると大きく攻める必要があったけれど、いまは会社の効率が上がってきているから、変えることが段々少なくなってきた。攻めの気持ちがないわけではないけれど、方針もビジョンも決まっているから冒険しなくてよくなった。ただ、いつ変わったかは自分ではわからないなあ。

(島村恭太) 私はだいたいわかりますよ。私が来て2年目から社長は変わったと思います。視点が変わったのかもしれないですね。運用ベースのことも含めて、会社の取り組みがよりロジカルになってきた。社長は勉強家なので、きっと人知れず勉強しているはずだと睨んでいます。

(大川祐介) 追求すべきことが変わってきたのかな。良い人材がないとやりたいことができないよね。自分でできることなんてどうしたって限られる。幸い、良い出会いがいくつもあって、やれることが変わってきた。そうしたら会社の最重要課題が違ってきたんだよね。階段を昇ると、今年はこれ、来年はこれといった具体的に違う世界が見えてきた。このあたり、私は意外とロジカルなんですよ。誰も信じれてくれないかもしれないけど(笑)。

(島村恭太) 私は信じますよ。いま振り返ると、ちょうどWebサイトをリニューアルしようという時期に重なっていると思います。社長は接待も好きじゃないし、スーツを着るのもいやだと言っていたけれど、自分を発信する方向を打ち出して、その方向に自分を適応させたでしょう。発信の必要性を感じ、そこに合わせることでロジカルに変わってきたんじゃないでしょうか。

(大川祐介) なるほど。

性格とは関係ない自分の境地を作れ  イメージ

性格とは関係ない自分の境地を作れ

(大川祐介) 私が変わったように、しまっちももっと変われると思っています。取締役の売上では、一番が川島さんで、二番目が山本さん。しまっちは三番目だけど、ロジカルに思考することにこだわりを持っているし、私も好きなんだけど、多少はリスクを背負うことも必要なのかなと思います。ビジョンを持っているのはわかるし、会社のことを常に考えてくれているのもわかるんだけど、もう少し不器用でもいいのかな。自分が先頭にたって、がむしゃらにやった方が結果が出るときも多いからね。山本さんは最初に問題を整理をして、川島さんはぐちゃぐちゃのまま走る。戦闘能力は川島さんが一番高くて、着々と真摯にまじめに一歩ずつ進む山本の戦闘能力も静かに高い。その点、しまっちはどこへ行くのが一番いいのか。長い付き合いになるにはどうするべきなのかをまず考えるよね。

(島村恭太) それは自覚しています。リスクヘッジを取り過ぎていた昔の名残があるんですよ。肩肘を張っている部分があって、形をまず大事にしてしまう。でも、人が当たり前にできることができないのは絶対に悔しい。自分は一番になるタイプじゃないし、望んではいないけれど、ナンバー2の中の一番になりたい。それは、ユニオンテックに来たときから変わりません。極力意識して自分でも柔軟に変わりたいですね。

(大川祐介) 正直なところ、私は人とコミュニケーションを取り過ぎるのは好きじゃないんだけど、それで済ませていたら会社経営なんてできない。第一、負けるのはありえないと思っているので、もともとの性格とは違う自分の境地を作っています。仕事をする上で性格は関係ないからね。しまっちもそうできると思う。ユニオンテックに来てすごく変わったけれど、まだ変わる余地はじゅうぶんにある。

(島村恭太) 柔軟性を身につけて、ナンバー2の中のピカイチを目指しますよ!