人材支援対策について語ろう

人材支援対策について語ろう

 優秀な人材を取りたい。せっかくユニオンテックに来てもらったからには大切に育てたい。大きく成長してもらいたい。
 この思いは創業時もいまも変わりません。強くなる一方です。
 その甲斐あって、新卒採用でも優秀な人材に巡り会えています。その他の中途採用でも、素晴らしい人材を獲得できていますし、稲城というロケーションがハンデにならない会社に成長したのではないかと実感できるようになりました。現在のユニオンテックは「人材の宝庫」、というと大げさですが、自慢できる人材が揃ってきたことは確かです。
 そんなユニオンテックはこれからどのような人材を強化していくのか。今日は、ユニオンテックがこれから目指していく「人材支援策」について余すところなくお話したいと思います。
成長意欲が高い人にこそ来てほしい

成長意欲が高い人にこそ来てほしい

 世の中には成長志向の高い人はたくさんいます。ユニオンテックには、自分をもっと成長させたいと考える成長志向の高い人材が多く集まっていますが、世の中を広く見渡すと、いつかは独立独歩を志す人材も少なくありません。
 腕があり、お客さんもついていて、支援してくれる人も周りにたくさんいる。そうした人材なら、独立して自分の事務所や会社を立ち上げたとしても、十分にやっていけます。受け身ではなく能動的に仕事に向き合い、仕事を切り拓き、自ら創っていく力があれば、組織に所属することに満足せず、自分の看板で勝負したいと考えるのは当たり前かもしれません。
 そうした人にもユニオンテックに来てほしい。そういう人だからこそ、ぜひユニオンテックで力を発揮してほしい。これは私、大川祐介の切なる願いです。
 しかし、それは現実的には難しい。
 ユニオンテックで働くということは、ユニオンテックの社員になるということ。選択肢がほかにない以上、独立を希望している優秀な人材にとってユニオンテックは対象外。選ばれることはありません。
独立を支援する選択肢を用意する

独立を支援する選択肢を用意する

 だからといって、仕方がないと諦めるしかないのだろうか。
 成長志向が高く、より高みを目指して独立を希望している人材は、ユニオンテックには縁がないといって、断念するしかないのだろうか。
 私、大川祐介は考えました。
 独立を志している人材を説得して、なんとかユニオンテックに入ってもらったとしても、取締役などの経営に関わるようなポストをすぐに用意できるわけではありません。どうしても裁量権が少なくなります。それが物足りない人にユニオンテックに来てもらうには、どういう道筋を用意すればいいのか。
 思いついたのが、独立を支援するという選択肢です。
 自分の力でやってみたい、独立して自分の腕を試し、自分をさらに成長させたい。実力を備え、独立の意欲とやる気に燃えている優秀な人材には、ユニオンテックは協力を惜しみません。独立を後押しすることをお約束します。
過去にも優秀な人材の独立を支援してきた

過去にも優秀な人材の独立を支援してきた

 社員が独立しても構わない。会社がその動きを積極的にサポートする…。
 そんなこと、信じられないという方もいるかもしれません。しかし、これは本当の話です。嘘偽りのないお話です。
 というのも、ユニオンテックではかねてから、優秀な人材の独立を支援してきたからです。過去に実例がいくつもあるのです。
 仕事の上で結びつきのある優秀な人材が独立を考えていると聞けば、私、大川祐介は、すかさず金銭的にも人的にもサポートを買って出て、独立を後押ししてきました。
 これまではそれが「仕組み」として、明確に存在していなかっただけです。
 それを、これからのユニオンテックは「仕組み」として作りあげようと考えています。ユニオンテックには魅力を感じているけれど、いずれは独立を考えているから、入社することは考えられない。そんな人にも魅力的な選択肢を提供していきます。選んでもらえる環境を確実に整えていきたいと思います。
多様な人材が組織を強く育てていく

多様な人材が組織を強く育てていく

 なぜ、そこまでするのか。
 私、大川祐介は業界を活気づかせたいからです。ユニオンテックがリーダーシップを取って、業界をどんどん盛り上げていきたいからです。
 しかし、そのためには優秀な人材が必須です。人材なくしては、ユニオンテックが飛躍することなど不可能。業界の活性化も困難です。
 将来、独立するにせよ、長くユニオンテックに定着してくれるにせよ、成長志向が高い優秀な人材が入れば、他の社員の刺激になります。
 見習う点や参考にすべき点が多く、高い学習効果が望めます。彼らの仕事ぶりを直に目にすることで刺激を受け、成長のきっかけをつかむことができます。
 成長志向の高い人材というのは、組織の中では異端な存在であることも少なからずあります。しかし、そうした他と違う面を持った人材がいる多様性のある環境は、人材の成長には欠かせません。今いる社員の質を上げることはもちろん重要ですが、それと平行して、独立を考えている個性的な人材・多種多様な人材を招きいれることで、組織はより強く、よりたくましく育まれていくのです。

優秀な人材なら独立支援も惜しまない!〈後編〉