全国の主要都市に支店を設ける

全国の主要都市に支店を設ける

 ユニオンテックはいま複数の支店を構えています。千葉に東東京支店を開設し、以前本社があった稲城を西東京支店としたのを皮切りに、札幌や大阪にも支店を開きました。仙台、名古屋、福岡には準備室を開設し、着々と支店網を広げつつあります。
 なぜ全国に支店を設ける必要があるのか。
 支店網によっていったい何が可能になるのか。
 今日は、ユニオンテックの支店網計画についてお話しましょう。
 私、大川祐介が目指しているのは、日本の主要都市にはすべて支店があるという体制です。札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄。四国であれば高知か徳島。これらの都市をくまなく網羅したいと考えています。
 どの都市も有望なマーケットがその背後に控えていますが、とりわけ沖縄は建設ラッシュが続き、活気づいています。福利厚生の場所としても魅力的です。早い段階でまず準備室を設きたいと考えています。
頼もしい志願兵、現る

頼もしい志願兵、現る

 支店をどんどん増やしていることから、「しっかりと支店で働く人材を育成しているんですね」とよく言われますが、実態はそうではありません。
 支店計画は、まず店ありき。
 先にここに支店を出そうと計画を立て、そこから動き出しています。
 大阪支店がそうでした。
 大阪支店を統括しているのは、取締役の山本宗之です。ありがたいことに、私が大阪支店を開きたいと考えたとき、彼は自分から手を挙げ、単身で赴任してくれました。
 聞けば、彼は昔から一国一城の主になりたいという希望があったそうです。かといって、完全なる独立ではなく、ユニオンテックの旗のもと独立したいという思いがあったと語ってくれました。ユニオンテックが好きだからというんですね。力強い志願兵です。
信頼のおける取締役が全体を俯瞰

信頼のおける取締役が全体を俯瞰

 大阪支店はマーケットの規模も大きいので、施工管理の社員にも一人行ってもらいました。彼らが現地で新たな社員を雇用し、大阪支店はすでに6人体制です。
 TEAM SUSTINAの活動に加えて、空間事業についても積極的に推進しています。受注件数はすでに4件。頼もしい限りです。
信頼できる仲間が率先して進出先に乗り込み、そこで人材を採用し、着々と事業基盤を固めていく。大阪支店はユニオンテックの支店の1つのモデルケースと言えるかもしれません。
 以前、私、大川祐介は、いつでも安心して仕事を任せられることから山本を「安定の山本」と呼んでいましたが、いまは違います。安定感は相変わらずですが、呼ぶとすれば「攻めの山本」でしょうか(笑)。50才を過ぎてから攻めに転じる。素晴らしいことだと思います。
信頼できる人材に任せたらほったらかし

信頼できる人材に任せたらほったらかし

 札幌支店を統率しているのは取締役の小林佐理です。
 ここも支店を出すと決めてから小林が現地に出向き、人を採用しました。31才の女性です。建設業界の経験があるわけではありませんが、ガッツがある。一ヶ月間、本社で研修を受けてもらい、それから札幌に戻って働いています。
 彼女が受け持つのはTEAM SUSTINA関連の業務です。 もちろん、空間事業の引き合いがあれば随時対応していく予定です。
 業界の経験がなくて大丈夫なのか?
 その心配にはおよびません。取締役の小林が采配をふるっています。大阪支店や札幌支店のように信頼のおける取締役が全体を俯瞰し、彼らの「目」で現場を回すことができる人材を採用していく。それが、私、大川祐介が考える支店計画です。
TEAM SUSTINAは建設業界を可視化する

足場を築いている次元が変わった

 最初に開設した千葉支店も同様です。
 千葉支店長は河野昭裕。彼とは現場で知り合いましたが、その後、彼が勤めていた会社が倒産の危機にひんしたときに、彼から「ユニオンテックの千葉支店を作りませんか?」と言われ、一も二もなくOKの返事を出し、すぐに支店開設の準備を進めました。
 彼の行動力は極めて高く、前の会社の人材を一人連れてきたかと思うと、すぐに新たに2人の人材を採用し、千葉支店は4人の体制でスタートしました。
 千葉支店についても河野に任せっきりです。私、大川祐介はまったく関与していません。
 大げさに言うと、「任せている」という感覚すらない。それほど完璧に河野の手にゆだねています。
 それができるのも、我々の間に固い信頼関係が築かれているからです。河野は「千葉支店を作りませんか」という誘いを私が二つ返事で受けたことが本当にうれしかったとよく言っています。しかし、それができたのも私が仕事を通じて河野に固い信頼を寄せていたからにほかなりません。この人とだったら面白い仕事ができると直感した。だから行動を起こすことができたんです。
 仕事は誰とやるかでまったく違ってくる。支店は信頼できる人材に任せ、あとは一任というのが一番理想的な形ではないでしょうか。

支店網を作ろう〈後編〉