会社情報

VISION

ビジョン

業界の常識を変革し、再編する
社会的存在意義の高い
リーディングカンパニーへ

ユニオンテックが目指すのは、誰もが知っている業界ナンバーワンの企業です。

実力、実績、知名度。すべてにおいて揺るぎないトップの座を確立して社会的存在意義が高く、魅力ある業界を創る旗手になりたいと考えています。

そのためには、永続的な未来を視野にこれまで積み上げられてきた業界の常識に変革を興し、すべてのクリエイティブの力を結集させて新しい価値を創りたいと思っています。そして、その新しい価値は、次の時代の常識へと再編されることでしょう。

これまでの常識を見極め、挑戦し、変革していく。

ユニオンテックは、社会的存在意義の高い、魅力ある業界を創り、業界のリーディングカンパニーへと、すべての努力を惜しむことなく邁進していきます。

経営方針

「Chance 機会」「Challenge 挑戦」「Change 変革」の3つの「C」を、ビジョンを全うするためのスローガンとして掲げ、最も重要なスタンスとしています。
ユニオンテックではそれらを踏まえ、経営方針の具体的な施策として下記の6つのテーマを設定しています。

01

クリエイティブの証明

すべてを生み出す自社クリエイティブ。
知識・技術・サービスを結合させ、あらゆるものを創造します。

空間設計、デザイン、制作・施工、アフターメンテナンス ―
顧客が求めるクリエイティブの領域は多岐にわたります。そのすべてにおいて最適なパフォーマンスを発揮するためには、まず顧客の想いやこだわりを各工程で共有することが必要です。また、顧客のニーズだけでなく、周辺環境や利用するエンドユーザーなど、さまざまな条件も考慮しなければ、そこに成果を生む空間を創造することはできません。

だからこそ、ユニオンテックは自社で想いを共有し、すべてを創造することにこだわります。

自社設計・施工に留まらず、自社で対応可能なクリエイティブ領域を常に拡大すること。そして、多岐にわたる業種・業界の実績を社内に蓄積していくことが、最適な環境の創造につながるからです。

ユニオンテックは、常に新たなクリエイティブの形を追求し、すべての人が求める環境を創造します。

クリエイティブの証明
02

次の「ステージ」へ

お客様の事業スピードを加速させ、次のステージへと導き、先導役としてあり続けることにこだわります。

ユニオンテックは創業以来、誰もが知っている店舗やオフィスのデザイン・施工を中心に、 数多くの実績を積み上げてきました。 いわゆる“成長期”や“成熟期”にいる事業者様が求めるクオリティを理解し、 実践できる“商品力”こそ、ユニオンテックの強みです。 私たちはこの商品力を、これからの未来を担う “導入期”や“成長期”にいるお客様に提供していきます。

導入期から成長期、成熟期、安定期へとお客様と共に歩んでいくこと。 そのため私たちは、お客様の事業スピードを加速させ、次のステージへ導き、 常に先導役としてあり続けることにこだわります。

もちろん、成熟期や安定期に突入した事業者様のご依頼にも対応可能です。 どのようなステージにいるお客様にもご満足いただけるよう、 ユニオンテックはこれからも商品力を磨き続けていきます。

次の「ステージ」へ
03

ユニオンスパイラルの創出

社員満足を徹底的に追求し、高い顧客満足を創出し続けます。

ユニオンスパイラルの創出

ユニオンスパイラル

企業は社員に支えられて存在しています。しかし、満足して働ける環境がなければ、社員は企業を支えられません。社員の支えがなくなると、企業は顧客を満足させることができなくなります。

企業としてまず取り組まなければならないのは、社員満足の追求です。社員満足が実現することで社員はやる気を出し、自ら知識・技術・サービスを磨こうとします。これにより必然的に企業力が高まり、顧客満足が実現するのです。また、顧客満足の実現によって社員は評価されることになり、社員満足はさらに高まっていきます。

ユニオンテックでは、この一連の流れを「ユニオンスパイラル」と呼び、常にサイクルがまわるように活動しています。

社員満足追求委員会について

ユニオンテックでは、社員満足を高める施策のひとつとして「社員満足追求委員会」を設置しています。

委員会を構成するのは、内部からも外部からも厚く信頼されている各事業部からの選抜メンバーが社員を代表して、日々、継続的な社員満足の向上に取り組んでいます。

社員が満足できる環境を実現できなければ、クライアント様も協力会社にも満足を提供できません。顧客満足はまず従業員満足から─。

委員会のメンバーは、事業部間の連携強化を目的に、今日も社員の率直な声に耳を傾け、不満があればアクションを起こして改善を図り、ともに働く仲間が活き活きと働ける環境づくりに努めています。

04

共感パートナー宣言

ユニオンテックは、関わり合うすべての顧客にとって、
必要不可欠なパートナー的存在を目指します。

企業の活動は、誰を顧客と捉えるかによって大きく変わります。そして、企業として活動し続けていくためには、常に顧客満足を追求していく必要があります。

ユニオンテックのいう顧客とは、社内の『知識』『技術』『サービス』によって創り上げる商品を通じて、関わり合うすべての人々のこと。ご依頼をいただくお客様だけでなく、社員や協力会社、エンドユーザー様もすべて私たちの顧客です。その方々全員に対して、ユニオンテックは高い顧客満足を提供します。

顧客満足を追求していく中で“商品への共感”はとても重要となります。顧客からの共感なしに、高い顧客満足は生み出せないからです。ユニオンテックではこの「共感」をキーワードに、すべての顧客にとって必要不可欠なパートナー的存在を目指します。

共感パートナー宣言
05

ありがとう計画

すべての人を「ありがとう」でつなぐ ─ UTありがとう計画 ─

社員と家族、お客様、そしてエンドユーザー。
ユニオンテックは、感謝の気持ちを言葉で伝え、関わるすべての人を「ありがとう」でつなぎたいと考えています。
「ありがとう計画」とは、その想いを実現させるためのプロジェクトです。

ありがとう計画

ありがとうカード

「ありがとう」を伝える相手は、お客様だけではありません。ユニオンテックでは、社員同士でメッセージカードを贈り合い、感謝の気持ちを伝える取り組みを行っています。

「○○さん、お手伝いありがとうございました」といったように、ちょっとした感謝の言葉をカードに記すことで、「ありがとう」を伝え合う機会を増やしています。

ありがとうハガキ

私たちは、常に感謝の気持ちを持って業務を遂行しています。

しかし、感謝の気持ちは言葉にしなければ、決して相手に伝わりません。そのためユニオンテックでは、ご縁があったお客様に手書きのお礼状を出しています。口頭やメールでも感謝の気持ちを伝えることはできますが、ハガキや手紙のように形としては残りません。

お客様のことを思い浮かべながら一枚一枚丁寧に手書きし、感謝の気持ちを伝えています。

ありがとうアワード

社員が取り組む日々の活動。

その活動の「質」があがることによって、社員ひとりひとりが成長していく。結果としてよりたくさんの「ありがとう」を集められるようになる。

「ありがとうアワード」は、社員の日々の活動に焦点を絞り、3ヶ月ごとの活動目標を社員自ら掲げて実行していく。そしてその達成に対しての表彰が「ありがとうアワード」です。

このイベントを人事評価制度と連動することにより、働く社員の自己実現に追い風を吹かせます。

06

新しい価値の創造

ユニオンテックは空間づくりを通して、これまでにない価値を伝え、社会の活性化を図ります。
既存の常識、固定観念、習慣にとらわれず、現状維持に甘んじることなく、新しい価値の創造の努めます。

ユニオンテックは空間づくりのプロフェッショナル集団として、 新しい価値を創造し、建設業界や社会の活性化を実現していきます。 これまでの空間づくりは、単なる箱づくりにしか過ぎませんでした。 しかし、時代の流れとともに、求められることも変化しています。 人々の価値観に応えていくためには、 既存の常識や固定観念、慣習にとらわれずチャレンジしていくことが求められます。

「これまでこうだったから」「業界ではこうするのが当たり前だから」

私たちはそうした前例主義に与することはありません。
常に新たな可能性を探り、知識、技術、サービスすべての向上に努め、 業界に新しい息吹をもたらします。

ハードではなく、ソフトとしての価値を生む空間づくりへ。

これまで培ってきた空間づくりを通して、目に見えない環境までも創る。空間づくりの新しい価値を伝え、創造したいと考えています。 お客様に心から喜んでいただける空間づくりを提供し、新しい価値を創造することは、業界の次代の常識となるでしょう。 ユニオンテックが目指すのは、業界の活性化であり、社会の活性化なのです。

新しい価値の創造

行動指針

五心

ユニオンテックの基本姿勢
「熱意」「不屈」「感謝」「真摯」「挑戦」
これを五心と呼ぶ。

意識を磨くための心構えであり
行動し続けるために必要不可欠な”心”です。

ユニオンテックでは、「Chance 機会」「Challenge 挑戦」「Change 変革」の3Cを
実現させる心構えとして「熱意」「不屈」「感謝」「真摯」「挑戦」という“心”を育てています。

「熱意」をもって 何事にも「不屈」の精神で
かつ、「感謝」の気持ちを忘れず
目の前の課題を「真摯」に受け止め
さらなる向上のために「挑戦」する。

この「五心」という基本姿勢が、3Cの原動力になり、理想の成長へと結びついていくのです。

五心

3C

「Chance "機会"」、「Challenge "挑戦"」「Change "変革"」
これらは、最も重要な3つの意識ファクター。

個々が成長するために”意識”を磨いて”思考”し、”行動”する。

ユニオンテックでは、大きなビジョンを実現するために高い組織力をつくることを目標とし、
個々が理想の成長をすることが大切だと考えています。

理想の成長のためには「Chance 機会」「Challenge 挑戦」「Change 変革」の3つの「C」が最も重要なファクターとなる。
これらは、障壁を浮き彫りにし、リアルに行動し、もともと無いものへ変革させる。

3Cは、基本姿勢である五心という心構えとともに理想の成長をするために必要な"意識"ファクターなのです。

五心