お知らせ

お知らせ

[ NEWS ] -

【プレスリリース】内装×ITのユニオンテック、分社化から4ヶ月で黒字化。収益を拡大させる5つのポイントを公開します。

半年の間に会社分割、商号変更、本社移転と複数の経営イベントを経験した弊社が、どのように「売上総利益210%」「販管費▲45%」「お問合せ金額過去最高」を達成したのか、新サービス・DX施策と共にご紹介します。

オフィスやショップを中心に空間の企画・設計デザイン・施工をワンストップで行うユニオンテック株式会社は、2021年4月15日にプラットフォーム事業の分社以降、内装事業に特化してまいりました。

第1四半期[6月~8月]は黒字化をテーマとし、収益性と生産性の向上に努め、結果、当初計画を2ヶ月前倒しして4ヶ月で黒字転換しました。
第2四半期[9月~11月]は成長軌道に乗せることをテーマとし、筋肉質な経営体質で事業拡大・カルチャー醸成に努めてまいります。
改めて、ステークホルダーの皆様のご指導ご鞭撻に心より感謝申し上げます。

顧客に向き合う。やらないことを決める。

営業利益を分解して、基本を愚直に。
内装の設計~施工は労働集約型のビジネスであるため、「案件あたりの収益性」と「一人あたりの生産性」の向上が重要になります。そのための課題整理と施策推進に取り組んでまいりました。また、タスクフォースを設置し「販管費の徹底的な見直し」と「リード(問合せ)獲得強化」も推進してまいりました。
結果、分社後速やかに以下を達成し、4ヶ月で黒字転換を実現しました。
・売上総利益:210%(分社前比)
・販管費:▲45%(同)
・お問い合わせ金額:過去最高
また並行して、創業21年の専門知見とIT事業運営の経験を活かした、現場業務以外の自動化(DX)や新たな顧客層向けの内装サービス等にもチャレンジし、今後の成長に向けた準備も進んでいます。

 

2021年4月15日(分社化)以降の主なイベント

 

2021年
4月15日
プラットフォーム事業部門を新社として分割
内装事業部門に特化し、ガバナンス体制も変更。
https://www.union-tec.jp/contents/news/167/
5月14日 「クラフトバンク株式会社」から「ユニオンテック株式会社」へ商号変更
https://www.union-tec.jp/contents/news/168/
7月5日 新宿区から港区へ本店移転
https://www.union-tec.jp/contents/news/172/
7月 黒字転換
9月 ・ワンプライスのオフィス内装『U Work(ユーワーク)』開始
・取り付けアウトソーシング『スマート取付(仮称)』一般公開

 

4ヶ月で黒字化した5つのポイント

基本だけを、速やか且つ徹底的に執行してまいりました。

<テーマ別施策詳細施策>

① 管理会計・KGIの見直しとPDCA環境整備【管理】
・管理会計を完成基準(※1)から進行基準(※2)へ変更。足元の実力値を分かりやすく。
・KGIは、売上から売上総利益へと変更。モニタリング指標として、1人あたりの生産性(=時間あたり粗利額/労務費)を採用。
・自動と手動を組み合わせて、粗利・販管費・キャッシュの状況を常に可視化。PDCAを回しやすい環境を整備。
② アライアンス強化とWeb集客開始【売上↗】
・限られたリソースでリードを最大化するために、アライアンスを強化。
 不動産仲介事業者様やオフィス家具・機器事業者様との関係を強化。
・Google広告等を、キャッシュポジションと投資回収ラインで制約を設けて実施。
③ 顧客課題に合わせた新サービスを開始【売上↗】
・中小企業・スタートアップのオフィス内装をカンタンに選べるサービスのローンチ[U Work]
・メーカーの取り付け業務をアウトソーシングするサービスの検証[スマート取付(仮称)]
・内装事業ノウハウとIT事業ノウハウを活用
④ 購買部門の立ち上げ【原価↘】
・日次で粗利率のモニタリング
・全案件に対して週次で原価レビューを実施。属人性を排除。
⑤ やらないことを決める・やることは自動化【販管費↘】
・現場業務以外の極小化のために「ワークフローの削減」「業務分掌を見直し→部署間調整等の横の業務を削減」「権限移譲→承認プロセス等の縦の業務を削減」。
・kintone・RPAツール(Power Automate)・BIツール(Power BI)・クラウドサイン・Slack・自社案件管理ツール(CraftBoard)を駆使。オペレーションとモニタリング業務を自動化することで、効率化と情報の透明性を強化。

(※1) 計上タイミングが「工事の完成・引渡し日」 ※財務会計はこちらのままです。

(※2) 計上タイミングが「工事進行の都度、工事の進行割合に応じて」

<結果>

各施策が奏功し、黒字化を実現しました。 

顧客課題に基づいた3サービスを展開

基本だけを、速やか且つ徹底的に執行してまいりました。

 

内装事業に特化することで、向き合う顧客が明確になりました。
基幹事業のフルオーダー内装サービスの強化に加え、分社前にはリソースを割くことが難しかった潜在顧客向けのサービスを新たに開始しています。

<サービス全体像>

 

<サービス概要>

①フルオーダー内装 1,000万円~
・お客様の課題・ご要件に合わせた、オーダーメイドの内装設計施工
・空間の企画・ブランディング・環境調査
・21年間7,000件以上の実績
 [オフィス]https://www.ut-space.jp/office/
 [ショップ]https://www.ut-space.jp/shop/
②パッケージ内装
U Work(ユーワーク)
30-35坪 369万円、35-40坪 429万円 ※キャンペーン価格
・ワンプライスで、機能的なデザインと工事がAll in Oneのオフィス内装
・2021年9月中旬サービス開始。特許出願中。
https://www.package.union-tec.jp/
③取り付け代行
スマート取付(仮称) 
~20万円
・オフィス製品の取り付け業務のアウトソーシング
・2021年6月サービス検証開始。3ヶ月で200件以上取り付け。

 


ユニオンテック株式会社

2000年6月にクロス・床等内装仕上げ工事業として設立。その後、オフィスやショップを中心にブランディング・設計デザイン・施工をトータルでプロデュースする空間創造事業を展開し、7,000件以上の施工実績を持つ。2016年に建設業界のプラットフォーム事業「CraftBank(旧SUSTINA)」を立ち上げ、2021年4月に事業部門を分社化。空間事業に特化し、「フルオーダー内装」「パッケージ内装」「取り付け代行」を展開。

会社名:ユニオンテック株式会社
設立:2000年6月
所在地:東京都港区北青山3-3-5 東京建物青山ビル7F
資本:1億円
事業内容:オフィス・ショップの企画・設計・施工
代表取締役:大川祐介

 


サイト
 -コーポレート:https://www.union-tec.jp
 -フルオーダー(オフィス):https://www.ut-space.jp/office/
 -フルオーダー(ショップ):https://www.ut-space.jp/shop/
 -パッケージ内装:https://www.package.union-tec.jp/

 

 


 

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
ユニオンテック株式会社
担当:木村・山野
Mail:press@union-tec.jp

【プレスリリース】内装×ITのユニオンテック、分社化から4ヶ月で黒字化。収益を拡大させる5つのポイントを公開します。