お知らせ

お知らせ

[ NEWS ] -

CFO就任のお知らせ

ユニオンテック 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:韓 英志、以下「当社 」 )は、2019年12月1日、非連続な成長戦略の実行に向けた経営執行の強化を図るべくCFO(Chief Financial Officer)として、木村 幸夫が就任したことをお知らせいたします。組織体制の強化により事業成長をより一層加速させてまいります。

 

■就任の背景
当社は、2000年にクロス職人を原点に内装仕上げ工事業として創業し、2005年に設計・施工として事業を拡大してきました。2016年よりオンラインプラットフォーム事業に参入し、建設業界の受発注に特化した工事マッチングプラットフォーム「SUSTINA(サスティナ)」(URL: https://sustina.me/ )は、サービス開始約3年で会員企業数11,000社超の日本最大級の建設業マッチングプラットフォームへと成長しています。
2019年に刷新した「世界一、魅力的な業界をつくる」というビジョンのもと、70年以上変わってこなかった建設工事業の流通・調達構造をテクノロジーによって変革し、世界随一の技術力を持つ日本の職人が誇りを持って働く社会の実現を目指しています。

この度、資金調達やM&Aといった財務・会計領域という枠を超えて、経営者として事業課題に対峙してきた木村を経営メンバーに迎えることで、非連続的な事業成長を実現していきます。

 

■木村 幸夫(Kimura Yukio)略歴

元コインチェック株式会社 CFO 立教大学社会学部を修了。

2000年監査法人トーマツに入所。2004年公認会計士登録。

2006年グローウィン・パートナーズ株式会社に入社。シニアコンサルタントとして数十件のM&A案件で、財務デューデリジェンス、株価算定業務に従事したほか、IPO支援/業務改善コンサルティングにも多数関与。
2010年アニコム ホールディングス株式会社に入社、財務部長/給付管理部長/経営企画部長を歴任。東証一部への市場変更のプロジェクト責任者、グループ経営管理、M&A・IR統括、監督当局との折衝等を担当したほか、子会社のコーポレートベンチャーキャピタル(アニコム キャピタル株式会社)の社長を兼務。
2016年コインチェック株式会社(旧 レジュプレス株式会社)にCFOとして参画。経営企画および管理部門全般を管掌し、管理部門立ち上げ、財務戦略立案、M&A・IPO準備等を主導。2018年1月の仮想通貨流出事件以降は、監督当局からの業務改善命令及び金融検査対応のほか事業承継先候補との折衝を主導し、最終的にマネックスグループ株式会社への売却を実行、コインチェック社の事業継続を成功させる。マネックスグループ株式会社入り後は管理部門担当執行役員として、経営/業務統合業務となるPMIを主導。

■木村 幸夫コメント
建設業界は、住まいや職場、各種店舗や施設の設計から建築まではもちろん、土木にまで範囲を広げるとその領域は非常に広大であり、「衣食住」すべての根幹を担う重要かつ巨大な産業ですが、長い歴史ある業界ゆえの非効率が様々な部分で発生しています。
そして、他の産業と比較してテクノロジーの進展が遅れている業界でもあるため、その非効率の改善も遅れがちとなっています。
当社では今後SUSTINA(サスティナ)を磨き続けることでこれらの非効率をひとつずつ解消し、経済全体や人々の生活に多大な影響のある建設業界に対して新たな付加価値提供を通じて、業界の地位向上ひいては日本あるいは世界経済への貢献を目指していきます。私自身としても、これまでの様々な経験をもとにその一翼を担っていく所存です。

CFO就任のお知らせ